「知りたい」は大切

まず中学受験というのは、通常学校で習う以上のハイレベルな事を勉強する必要があります。受験勉強をしていく流れも小学6年生ではもう応用問題の特訓のみにシフトする場合も少なくありません。その為にも知的好奇心の高い性格であると良いとされています。

例えば、学校のワークの問題ができていて「もっと難しい問題やってみよう」となった時に、一生懸命考えた結果「全然できない」と諦めるのか「これどうやるの?}と追求してくるのか、その一言にも性格が表れてくると思います。

塾に入れば、講師からどんどん難しい問題を課されて勉強の波が押し寄せてきます。それに対して「解けるようになりたい」「知りたい」という気持ちを持てるかどうかはとても大きな要因となります。“好きこそ物の上手なれ”という言葉があるように興味のあるものの習得は早くなるものです。逆に言ってしまえば、嫌々で勉強をし続けていても効果は出にくくなってしまうのです。ましてや受験するのはまだ12歳のお子さんであり、本来は受験しなくても良い段階をわざわざ受験するのですから、気持ちがなければ大変な苦痛を与えるだけになってしまいます。

だからこそ「知りたい」という気持ちを持っているお子さんは受験向きといえるのです。