偏差値の注意点

問題の難易度などに左右されないモノサシである“偏差値”ですが、この偏差値も万能ではありません。

まず入試本番と模擬テストは全く異なるということです。模擬テストは中学受験を目指す様々なレベルで異なる志望校の全国の子たちが受けることを前提としているので、変わった問題などはなく、一般的な問題で構成されています。しかし入試本番では、他の回でも述べたように学校ごとの教育理念に合わせた個性的な問題が出題されたり、そもそもマークシートばかりだったり記述式ばかりだったりなど問題の形式から様々です。さらには面接や作文なども選考基準に加味されるので尚更です。

またその年の志望者によっても中学校それぞれの偏差値に変化が生じてしまいます。例えば、ある年の有名大学への進学率が急増した学校があったとすると、一気に人気が出て、倍率も上がれば偏差値も上がっていきます。しかし次の年も良い実績とは限りませんし、学校が劇的に変わった訳でもないので、その人気も一時的なものですぐに元に戻ってしまいます。

これらの要因もあるので、“偏差値”はあくまで目安と考えて、他の回で述べたように学校の校風やカリキュラムをじっくり調べて、志望校を決めていきましょう。